08/07/17 今も私の心の中にいるタカへ

お久しぶりです。
お元気ですか?

今も遠く離れた町に住んでいますか?
私は今もあなたと沢山の時間を過ごした地元にいます。

早いものであなたとお別れしてからもう5年が経ちました。


5年前まだ20歳だった私たちはお互いに傷付けあうことしかできませんでしたね。

会いたいのに会えない・・・
不安や寂しさに押しつぶされそうになっていたのだと思います。

そしてあの日・・・

私はあなたの嘘をどうしても許すことができませんでした。
頭が真っ白になって何もかも信じられなくなってしまった・・・
これから先の事が怖くて怖くて・・・
あなたから離れるしかない。辛いけれどそうするしかないと思いました。

私はあなたから逃げました。

あなたは仕事があるにもかかわらず遠く離れた町から会いに来てくれましたね。
「行くな」と言って抱きしめてくれたのに私はあなたの気持ちに応えることができなかった。
一方的に別れを突きつけてとてもあなたを傷付けた・・・

本当にごめんなさい。

5年経った今になってなぜかあなたのことばかりが頭に浮かびます。
本当に自分勝手ですね。

あなたとお別れした後、私はあなたを忘れなければいけないと必死でした。
「忘れるんだ。忘れなければ。」と毎日自分に言い聞かせていました。

何度か恋をしたけれど結局あなたのことが忘れられずまた思いを巡らせてしまいま
す。
私はあなた以上に愛せる人にまだ出会っていません。
あの時私がもっと大人だったなら・・・きっと違う今があったはず。そんなことばかりを考えてしまいます。

遠く離れた町に住んでいるのならもう会えないかもしれませんね。
あなたは私のことを思い出すことさえないのかもしれません。
そう思うと胸が締め付けられます。

もう結婚してしまったかも・・・
そう思うと涙がこぼれます。

あなたが「結婚しよう」と言って左手の薬指にはめてくれたリングは今も大切に持っています。
あなたに愛されていた《証》を捨てることなんてできません。
私の秘密の宝物です。

あなたは私にとって「特別な人」です。

あなたには本当に沢山のことを教えてもらいました。

手をつなぐ時の照れくささ。
キスをする時のドキドキ。
頭をなでてもらう時の嬉しさ。
一緒に眠る時のあたたかいぬくもり。
数え切れないほどの愛を私に教えてくれましたね。

人を愛するということを私に教えてくれたあなた。

ありがとう。

あなたはよく小さな「偶然」を「俺たち運命だ!!」
と言ってはしゃいでいましたね。

私たちが本当に「運命」ならばどんなに回り道をしてもいつか必ず巡り合える。
まだ先の長い人生、どこかで一瞬でもあなたと私の人生が交わって欲しいと願っています。

またいつか出会うことができたらその時はあの笑顔を見せてください。

あなたに出会えて本当に良かった。
1つの「運命」に感謝しています。

本当に本当にありがとう。

あなたはわたしの「初愛」の人です。

遠く離れた町からあなたの幸せを今も願っています。

体に気を付けて仕事頑張ってね。

それではまた・・・


カナより


このメッセージはあなたのことを忘れられないあの人が書いたものかも知れません。
返事を書いてみませんか。

こちらからどうぞ