19/02/15 「夏の終わり」森山直太朗

多摩川沿いの遊歩道を走っているとき、
風の中に秋の訪れを感じるようになると、
大好きだった笑顔を思い出して胸が締め付けられる人がいます。

一番辛い時に寄り添ってくれた人でした。
泣いてばかりいた私に「大丈夫だから」と何度も言ってくれた人でした。

「心が折れている時につきあうのはよくないよ。
元気になってそれでも思ってくれていたらまた告白して」と、
笑顔でやんわりと断られた夏の終わりの告白から7年。

元気になってそれでも彼を思っているけれど、
未だに告白できないのは傷つくのが怖い年齢になってしまったからなのかな。

東京都大田区 ユミカ 34歳


このメッセージはあなたのことを忘れられないあの人が書いたものかも知れません。
返事を書いてみませんか。

こちらからどうぞ